2007年03月19日

KYT 危険予知トレーニング

07052.jpg

危険のK、予知のYと、それぞれ頭文字をとり、これに訓練(トレーニング)のTと加えたのがKYTと呼ばれる。 
訓練と区別して、職場で実践するのを、危険予知(KY)活動というらしい。
毎月1回ほど配属先で行う作業をシミュレートし、
こういった場合どのような危険があるか、
何何をする時、○○が△△で××なのでけがをすると言った意見を出し合い
そこから重点注意部分を抜き出して呼称する。

・小学生の学級会みたいと言ってはいけない。

参考書・・・??
posted by 今井K(へたれ) at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。